minecraftサーバをアップデートする

サーバファイルのダウンロード

公式サイトからサーバファイル(minecraft_server.***.jar)をダウンロードする
ダウンロードするファイルは.exe形式ではなく、.jar形式のもの

ファイル配置

ダウンロードしてきたサーバを転送する
現バージョンのサーバファイルが配置されているディレクトリにダウンロードしたファイルを配置する
※現バージョンのサーバファイルはそのままでも、削除しても問題なし

サーバの起動等にシェルを使用していて、サーバファイル名等を指定している場合はそこも併せて更新する
念のため、ワールドデータをバックアップしておくと安心

起動確認

シェルを実行して、サーバを起動する
その後、生成されたeula.txtを更新して再起動する

minecraft Ver1.8導入後にログイン出来ない

単純だけど、ハマったのでメモ

マルチプレイのサーバをVer1.8にアップデートした後、何度試してもログインできなくなった。
調べてみると、今回から利用規約に同意してファイルを更新する必要がある模様。

手順としてはサーバ起動後に生成されたeula.txtを更新するだけ

vi /home/minecraft/minecraft/eula.txt

変更前

eula=false

変更後

eula=true

変更後にサーバ再起動ですんなり入ることができた
これは初めてだと分かりづらい…

さくらVPSでminecraftサーバを立てる

サーバのダウンロード

公式サイトからサーバファイル(minecraft_server.***.jar)をダウンロードする
ダウンロードするファイルは.exe形式ではなく、.jar形式のもの

minecraft用ユーザ作成

minecraftサーバ用のユーザを作成する
ユーザ作成手順はこちらを参照
ユーザ名はminecraftで作成

ファイル配置

ダウンロードしてきたサーバを転送する
作成したminecraftユーザのホームディレクトリの下にWinSCP等でサーバファイルを配置する
今回はホームディレクトリの下にminecraftディレクトリを作成してそこに配置する(/home/minecraft/minecraft/)

ポート開放

サーバ用にポートを開放する
開放手順はこちらを参照
minecraftのデフォルトポートは25565なのでこれを設定

起動確認

以下のコマンドを実行して、サーバを起動する

java -Xmx1536M -Xms1024M -XX:+UseConcMarkSweepGC -XX:+CMSIncrementalPacing -XX:ParallelGCThreads=4 -XX:+AggressiveOpts -jar minecraft_server.1.8.jar nogui

サーバ起動時、必要なファイルが諸々生成されるので、起動後はそれらのファイルの設定を行っていく

利用規約の同意(eula.txt)

生成されたファイルの中にeula.txtという利用規約関連のファイルがあり、そのファイルの中身を更新する

vi /home/minecraft/minecraft/eula.txt

変更前

eula=false

変更後

eula=true

これの更新がされない限り、サーバにアクセス出来ないので注意

ワールドデータの移設

現在使っているワールドデータをマルチプレイで使いたい場合は、ワールドデータを移設する
サーバ起動時に生成されたworldディレクトリ以下にローカルのワールドデータをコピーする
※転送後のパーミッション設定に注意。ユーザ名はminecraft、パーミッションは755?

※ローカルのワールドデータ保存パス
Win7の場合 : ¥Users¥(ユーザ名)¥AppData¥Roaming¥.minecraft¥saves¥[ワールド名]

さくらのVPS(CentOS)にSVNサーバ(Subversion)をインストールする

yumでsubversionをインストールする

sudo yum -y install subversion mod_dav_svn

インストール完了後、リポジトリを作成する(※*****にリポジトリ名を指定する)

mkdir /var/www/svn
svnadmin create /var/www/svn/*****
svn mkdir file:///var/www/svn/*****/trunk file:///var/www/svn/*****/tags file:///var/www/svn/*****/branches -m 'make repository directries'
chown -R apache:apache /var/www/svn

リポジトリ作成後、apache関連の設定を行う

vi /etc/httpd/conf.d/subversion.conf 
<Location /repos>
   DAV svn
   SVNParentPath /var/www/svn

#   # Limit write permission to list of valid users.
#   <LimitExcept GET PROPFIND OPTIONS REPORT>
#      # Require SSL connection for password protection.
#      # SSLRequireSSL
#
      AuthType Basic
      AuthName "Authorization Realm"
      AuthUserFile /path/to/passwdfile
      Require valid-user
#   </LimitExcept>
</Location>

Basic認証のファイル作成、パスワードの設定を行う(※*****は設定対象のユーザ名)

htpasswd -c /etc/httpd/.htpasswd *****

※更にユーザを追加する場合は-cオプションを外して実行する

設定完了後、apacheを再起動する
再起動完了後、ブラウザもしくはtortoiseSVN等でアクセスする(※*****は設定したリポジトリ名)
http://[ドメイン]/repo/*****

さくらのVPS(CentOS)にFTPサーバ(vsFTPd)をインストールする

yumでvsFTPdをインストールする

sudo yum -y install vsftpd

インストール後はvsftpd.confを設定(※必要に応じてファイルのバックアップを)

vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf

下記行の項目をそれぞれ変更する

anonymous_enable=NO
ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES
pam_service_name=vsftpd
userlist_deny=NO
userlist_enable=YES
tcp_wrappers=YES

user_listに使用ユーザを追加する

vi /etc/vsftpd/user_list

既存のユーザは全部#でコメントアウトして無効化し、最後尾に使用するユーザを追加

反映完了後は起動関連の設定

sudo service vsftpd start
sudo chkconfig vsftpd on