さくらのVPS(CentOS)にMySQLをインストールする

yumでMySQLをインストールする

sudo yum -y install mysql-server

インストール完了後、my.cnfファイルを設定(※必要に応じてファイルのバックアップを)

vi /etc/my.cnf

[mysqld]内に下記内容を追記

# character-set
default-character-set=utf8
skip-character-set-client-handshake

ファイル最後尾に下記内容を追加

[client]
default-character-set=utf8

[mysql]
default-character-set=utf8

[mysqldump]
default-character-set=utf8

反映完了後は起動関連の設定

sudo service mysqld start
sudo chkconfig mysqld on

インストール直後はrootにパスワードが設定されていないのでパスワードを設定する(※*****にパスワードを入力)

sudo mysqladmin -u root password *****

パスワード設定後はrootにてmysqlにログイン(※*****にパスワードを入力。-pの後に半角スペースは無し)

mysql -u root -p*****

rootにてログイン後、rootと同等権限をもったユーザを作成する

mysql> use mysql
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO [ユーザ名] IDENTIFIED BY '[パスワード]' WITH GRANT OPTION;

ユーザ作成後、パスワードが設定されていない不要なユーザを削除する

mysql> delete from user where password='';

その後は随時必要なユーザ、DB、テーブルを作成する。

さくらのVPS(CentOS)にPHPをインストールする

yumでPHPをインストールする(必要に応じてインストールするパッケージを追加する)

sudo yum -y install php php-mbstring php-mysql php-pear

インストール完了後、php.iniファイルを設定(※必要に応じてファイルのバックアップを)

vi /etc/php.ini

下記行の項目をそれぞれ変更する

short_open_tag = On
expose_php = Off
max_execution_time = 300
error_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE
default_charset = "utf-8"
upload_max_filesize = 1024M
date.timezone = "Asia/Tokyo"
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = UTF-8
mbstring.http_output = pass
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = none;

更新後、apacheを再起動する

sudo survice httpd restart

さくらのVPS(CentOS)にapacheをインストールする

yumからapacheをインストールする

sudo yum -y install httpd

インストール完了後は起動関連の設定

sudo service httpd start
sudo chkconfig httpd on

後はhttpd.confの設定を行う(※必要に応じてファイルのバックアップを)

sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

下記行の項目をそれぞれ変更する

ServerTokens Prod
ServerName 153.121.47.234
ServerSignature Off
AddDefaultCharset UTF-8

設定後、httpd.confの再読み込みを行う

sudo service httpd reload

さくらインターネットでcron設定

cron設定する際に少し嵌まったのでメモ。

さくらインターネットのレンタルサーバではベーシック会員以上ならcronが設定できる。
そこでTwitterのBOTを置いて、cronで実行させようとしてみた。
設定する前にcronで実行させるモジュールの動作確認をコマンドラインでしていたので、cronでも同様の内容で設定したところ、動作しなかった。

php /home/[アカウントID]/www/[モジュール].php

同様の内容をcronで実行するためには以下のように記述する必要があるみたい。

cd /home/[アカウントID]/www/; /usr/local/bin/php -f /home/[アカウントID]/www/[モジュール].php

つまりは一旦自分のホームディレクトリに移動してからPHPを実行しないといけないのね…

Playstation EyeをPCのWebカメラとして使う(アドバンスモードの設定)

Playstation EyeをWebカメラとしてPCで使うの続き

PlaystationEyeをwebカメラとして利用出来るようにするCL-Eye Platform Driverには、通常では30fpsまでしか出せないところを、VGAなら75fps、QVGAなら125fpsで利用可能になるアドバンスモードが存在する。

まずcleye.configというファイルを作成し、以下の内容をコピペ

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<cleye>
    <item name="mode" value="advanced" />
</cleye>
このファイルを読み込ませることでアドバンスモードに切り替える事ができる。

作成したファイルを配置する箇所は、カメラを使用するプログラムの実行ファイルと同じフォルダに配置するだけ。

前回使用した「CL-Eye test」をアドバンスモードで実行した場合、設定画面で30fps以上を選択できるように!

■配置前

WS000001

 

■配置後

WS000000

ARToolkit等でマーカーを認識させやすいwebカメラとして色々活用してみよう!