TangoSDKでDepthを取得してPoint Meshで表示する(Phab2Pro)

2016年12月14日 / Tango, Unity

TangoSDKのインポートまではTangoSDKで簡単なサンプルを作ってみると同じ

1.TangoSDKのPrefabを追加

HierarchyにTangoPrefabs以下の「Tango Manager」と「Tango Simple Camera」、「Tango Point Cloud」を追加する
00025

2.各種設定

Tango Managerの「Enable Depth」にチェックを入れ、Depthを取れるようにする
00026
Tango Point CloudのMesh Rendererをアクティブにする
そして「Update Points Mesh」にチェックを入れ、取得したDepth情報をメッシュで表示できるようにする
00027
また、表示されるメッシュを見やすくするため背景を黒に変更する
Tango Simple Camera以下の「Gesture Camera」に設定されているClear FlagsをSolid Colorに変更し、その下で背景色を黒に変更する
00028

3.BuildSettingの設定

これもTangoSDKで簡単なサンプルを作ってみると同じ

PlatformをAndroidに変更し、PlayerSettingsで以下の部分を変更する
  • Resolution and PresentationのDefault Orientatiionを「Landscape Left」に変更
  • Other SettingsのMinimum API Levelを「Android 4.2」以上に変更
  • その他はAndroidアプリを作るときと同じでBundle Identifier等を設定

  • 4.ビルド

    後はビルドするだけ
    実行するとこのような感じに
    00029
    画像だと判りづらいけど、Depthを取得して表示されていることが判る

    タグ: , ,



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    TOPへ戻る